TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/17 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5776534 更新:2012年12月31日

昔話「桃太郎」を鬼の視点で書きかえる


1.読み聞かせをし、感想を書かせる。(第1時)

発問1:

桃太郎の話を知っている人?知らない人?   

人数を確認しておく。(桃太郎はほとんどすべての子どもが知っている。)

説明1:

桃太郎を読み聞かせる。

指示1:

ノートに1ページ以上、感想を書きなさい。   

2.桃太郎を鬼の視点で書き直させる。(第2時)

説明2:

昨日、感想を書いてもらいました。
「鬼をやっつけるところがおもしろい」と何人かの人が感想に書いていました。

説明3:

そこで、今日は、鬼の立場から桃太郎のお話を書き直してみましょう。

指示2:

鬼の立場から題を考えてノートに書きなさい。書けたら持っていらっしゃい。

「かわいそうなオニ」「オニたろう」「わるいももたろう」「おにいじめ」など出た。

指示3:

お話の書き出しノートに書きなさい。書けたら持っていらっしゃい。

 「むかしむかしあるところに、オニがへいわにくらしておりました。」「むかしむかしあるところに、赤いオニと青いオニがありました。」などを例として紹介した。 

指示4:

桃太郎が成長していくときのオニの様子を考えて発表しなさい。

「先祖からゆずりうけた宝で毎日パーティーをして暮らしていた」などが出た。

指示5:

桃太郎が仲間を集めているときにオ二が何をしていたかを発表しなさい。 

「いつものようにパーティーをしていた」などが出された。

指示6:

桃太郎がやってきたときのことを発表しなさい。

「いきなりやってきてパーティーをぶち壊しにした」などと出た。そこで、

発問2:

お話に入れなければならないキーワードは何ですか。

「いきなり」を例として紹介した。子どもたちから他にも、「びっくり」「いきなり」「ひきょう」「むりやりあやまらされた」などが出た。

指示7:

お話の終わりを書いて持っていらっしゃい。

「宝物が無くなり生活しにくくなりました」などと書いていた。

3.鬼の視点で桃太郎を書かせる(第3時)

「子どもの作品」
わるいももたろう」 

むかしむかしおにがしまに、赤いオニと青いオニと黄色のオニとみどりのオニとオレンジのオニと黒いオニがいました。赤いオニはなわとびがすきで、青いオニはねるのがすきで、黄色のオニはももがすきで、みどりのオニは川が好きで、オレンジのオニは本が好きで、黒のオニはおちゃがすきでした。ある日、ももたろうがやってくるのをしらないオニたちは、なかよく楽しそうにパーティーをしていました。……


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド