TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9313723 更新:2013年01月01日

見学のまとめの書かせ方(火事を防ぐ)


 見学のまとめとして私が勧めているのが、レポートである。
 子どもたち一人一人にレポートを書かせるのである。
 レポートといっても、そんなに難しいものではない。これまで、私が授業を担当した子どもたち全員が、きちと完成することができている。
 そのコツは、二つある。一つはフォーマットを与えて書かせるとうことである。
 レポートを書くための型をあらかじめ示しておき、それに沿ってレポートを完成させるのある。
 もう一つは、デジタル写真である見学の時に撮影した写真を切り取ってレポートに貼り付けさせるのである。書くことが苦手な子にとってはこの写真が見学の時のことを思いすのに非常に役立つ。
 次のフォーマットは三年生の社会科消防署の見学をした時に書かせたものである。

①○月○日消防署を見学しました。ここでは、火事を早く消したり、人を助けたりするためにたくさんの工夫をしていました。
②一つめは、… 二つめは、… 三つめは…
③私は、消防署を見学して(感想を書く)
①は、書き出しの部分である。ここは、私が書いてそのまま写させる。
②は、見学メモから自分が選んだ火事を早く消したり、人を助けたりするための工夫を書く。この時にデジタルカメラの写真が非常に役立つ。
③は、見学を通して感じたことを書く。子どもたちの素直な気持ちや感想がここに出てくる。

Kengaku

*黄色の付箋は、子どもたちに相互評価させたものである。
ノートを順に回していき、よいところを見つけて書く。

 このようにしてレポートをノートに書かせる。ノートに書かせているので整理も簡単である。大切なレポートなくしてしまうということもない。また、子どもたち一人一人が見学を通して何をどう学んだのかもよく分かる。 模造紙を使った巨大な掲示物や紙芝居など作る必要はないのである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド