TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1150127 更新:2012年10月26日

授業開き (中1 英語 初日 4つめのパーツ 身の回りの物の発音練習)


中学1年 英語の授業開き (初日 4つめのパーツ 身の回りの物の発音練習)

中学英語に初めて出会う中1にとって、最初の3日間の取り組みは特に重要である。

All in Englishで、リズムとテンポよく授業を行う。
初日の実践。
4つ目のパーツで教室内の物の発音練習。

テレビを指して、

What's this?

全体へ問う。
すぐに「テレビ」と答えが出た。

Repeat "TV".

Students:"TV".
Teacher:"TV".
Students:"TV".

各単語2回ずつの発音練習。
数多くのものをこなす。

カタカナで表現されるもの(ほとんどの人が知っている)から、
徐々に学習項目を難しくしていくのが良い。

それぞれの物を指して問いを繰り返す。
徐々に"Repeat"という言葉は省く。

例    ドア(door) ペン(pen) 本(book) ← level 1

     ノート(notebook)  窓(window)  花(flower) えんぴつ(pencil)← level 2

    机(desk) イス(chair) 黒板(blackboard) 紙(paper)← level 3

    掛け時計(clock)  壁(wall) ゴミ箱(dust box) 消しゴム(eraser) ← level 4

発問に対して反応がない場合 (例えばblackboard)
"Japanese. OK!"
というと生徒が日本語で答える。
S:"黒板".

それを教師が説明する。
「黒板」 is a "blackboard" .
Repeat "Blackboard".
Students:Blackboard.

と練習する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド