TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4310525 更新:2013年01月01日

低学年 初めての「ふれあい囲碁」


囲碁の石にふれることが楽しくなるように、碁石をキャラクターにして、お話をする。

準備:大判の囲碁セット ふれあい囲碁セット

説明1:

黒ちゃん「ぼくは、黒ちゃん。好きな物は、泥団子、チョコレート、黒いものが大好き!」
白ちゃん「わたし、白ちゃん。好きな物は、空の雲、石けんのあわ、白いものが大好き!」
「私たち、とおせんぼゲームで遊ぶのがすきなの。」「どんな遊びか、知りたい?」

大判の9路盤とマグネットの碁石を用意する。

1.碁石の置く位置を知る。

説明2:

①「この黒い線はね、道だよ。」
②「道のぶつかっている所に、僕たちはのれるんだ。」

発問1:

どこに乗れるのかな?

碁石を置かせる。まちがってもよい。
正しい位置を教えて、何人かに碁石を置かせる。

2.道をふさいで囲むと石が取れることを知る。

説明3:

③「とおせんぼゲームをしてみよう。」
黒石を1つ置く。

説明4:

④「黒をとおせんぼしよう。黒の道をふさいでいくよ。」
白石を3つ置いてみせる。

発問2:

次はどこにおけばいいかな?

残り1つを置かせる。
黒の道がすべてふさがったことを確認する。

説明5:

⑤「黒ちゃんは、とおせんぼされてしまいました。」
⑥「これで、黒ちゃんは取られてしまい、黒の負けです。」
⑦「でもね、ゲームでは、黒と白が一つずつ置いていきま
  す。」

説明6:

⑧「とられたら、負けです。」
※他の取られる場合も作ってみせる。

3.大判の囲碁セットでゲームをする。

2組に別れて、1人ずつ交互に打つ。「みんな、応援してあげてね。」
①最初の人にあいさつさせる。握手して、「お願いします。」
②じゃんけんで順番を決める。先行は黒石。

4.ペアでゲームをする。

5分間(3分間)の間、何回ゲームをしてもよい。勝った数が多い方が勝ち。
①あいさつ ②じゃんけん をしてゲームを始める。2回戦は、勝った人同士で組みかえる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド