TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/16 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2271868 更新:2012年12月31日

「もののあたたまりかた」の導入


用意するもの  40度のお湯、氷水、水(それぞれ500ml×班の数)、温度計、ビーカー(300ml~500ml)を班の数×3、
           金属のスプーン(班の数)、木またはプラスチックのスプーン(班の数)

発問1:

このお湯は、みなさんが普段入るお風呂のお湯よりも、温度が高いかどうか調べます。どのような方法がありますか。できるだけ、たくさん書きなさい。(5分間ほど時間をとる)

指示1:

だれからでも、いいです。立って、1つ発表しなさい。
(指名なし発表。指を入れてみるという意見がでる。)

発問2:

実際に指をつけて、予想します。

 ア お風呂のお湯よりも高い イ お風呂のお湯よりも低い ウ だいたい同じ

 お風呂のお湯の温度は、だいたい40度くらいとします。

指示2:

予想が終わったら、温度計で調べなさい。

「だいたい40度だ」

発問3:

(班ごとに 氷水・水・お湯 の入ったビーカーを用意。)

右の氷水と左のお湯に人差し指を入れます。(やってみせる)10秒入れたら、まん中の水道水に入れます。どちらが、温かく感じますか。

「氷水の方」

説明1:

人間の温度の感じ方は、いい加減な場合もあります。

発問4:

2種類【金属と木またはプラスチック)のスプーンをお湯に入れて、どちらも同じ温度にします。出して、手で持ってみると、どちらが熱く感じますか。

「鉄の方」

説明2:

どうしてでしょう。温度の感じ方でしょうか。別の理由でしょうか。今日から、「もののあたたまりかた」の勉強をします。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド