TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5443313 更新:2012年12月31日

向山型算数 ひっ算の授業


説明1:

割り算の復習をいたします。
85÷26の計算の仕方を考えましょう。

指示1:

ノートに、85÷26と筆算で書きなさい。

指示2:

今ミニ定規を使わなかった人起立。いい根性してる。座ってもう一回書き直し。ミニ定規を使うんです。

発問1:

答え、商はAにたちますか、Bにたちますか。

Aだと思う人?Bだと思う人?

説明2:

Bですね。Bに答えがたちます。

説明3:

85の中に26はいくつありますか、と考えるのですが、このままでは考えにくい。

指示3:

一の位を人差し指で隠しなさい。

説明4:

8と2が残りますから、はっきりわかりますね。

発問2:

いくつがでてきますか。

説明5:

(「4です。」)
はい、4です。4と書きます。

発問3:

次に何をしますか。

発問4:

(「かけます。」)
かけますね。何と何とをかけますか。

指示4:

(「26×4です。」)
26と4をかけるんですね。26×4です。はい、26×4と書きます。

発問5:

答えも書きました。次に何をしますか。

発問6:

(「うつします。」)
うつしますね。どこに何をうつしますか。

指示5:

(「85の下に104をうつします。」)
85の下に104をうつします。
ひくほうの数が大きいからひけません。
ひけませんから、これは黒の鉛筆で大きく×をつけます。

指示6:

やり直しです。
もう一度、85÷26を書き直します。

説明6:

これ、間違ったところだけ直すのでは、だめです。
全部×をしてもう一回やり直します。
ノートに×がいっぱい付いた方が、お勉強ができるようになるんだな。

発問7:

4では大きすぎました。次、どうしますか。

指示7:

(「はい、一つ小さい3を商にたてます。」)
はい、一つ小さい3を商にたてます。3を商に立てて補助計算を書きなさい。

発問8:

次に何をしますか。

発問9:

(「うつします。」)
何をどこにうつすんですか。

発問10:

(「78を85の下にうつします。」)
はい、78を85の下にうつします。次に何をしますか。

発問11:

(「ひきます。」)
ひきますね、何から何を引きますか?

説明7:

(「85から78をひきます。」)
答えを唱えるときは、次のように言います。
85÷26=3あまり7です。補助計算は26×3は78です。

指示8:

はい、言ってごらんなさい。
(「85÷26=3あまり7です。補助計算は26×3は78です。」)

 わり算は、
たてる→かける→うつす→ひく→おろす→
たてる→かける→うつす→ひく
 の繰り返しになっています。

2002日本教育技術学会での向山洋一先生の「割り算」模擬授業より

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド