TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/16 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1003703 更新:2013年01月01日

低学年・1年生プロブレムの子に効いた指導


1年生で集団になじめず、大騒ぎをする子が最近増えてきた。その子に効いた方法は
「クイズ攻撃」である。

このクイズ攻撃の優れている点は
1 叱らなくていい。
2 気づかせることができる。
3 自分で選択させることができる。

TOSS福島の斎藤浩康氏にこの話をしたところ、「選択肢」が2つというのもいい!
発達障害の子に対応できる!!ということなので、この方法をご紹介する。

発問1:

ケース1 たとえば、けんかをして手が出てしまい、相手を泣かせてしまって興奮しているとき、このように問いかける。
「さあ、ここでクイズです。××君が泣いています。悪いのはだれ?」
1ともだち
2じぶん

説明1:

すると、「じぶん!!」というので、悪かったのは自分だと悟らせることができる。

発問2:

ケース2 いつまでも着替えず、遊んでいるようなとき
「さあ、ここでクイズです。今、何をする時間でしょう?」
1 遊ぶ時間
2 着替える時間

要するに、2択問題を出し、答えさせるだけである。
ポイントは、「明るくクイズを出す」ことである。

この方法なら、発達障害や1年生プロブレムの子に、ユーモアを持って接することができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド