TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7089554 更新:2013年01月01日

天気予報から楽しい授業


発問1:

次の記号は、どんな天気を表していますか?

1.晴れ 2.快晴 3.くもり 4.雨 5.雪

発問2:

黒丸は「雨」です。では黒丸に 小さいカタカナの「キ」がついたら、なんでしょう。      A
では、雪のマークに、小さなカタカナの「二」がついたら、なんでしょう    B

A 霧雨   B にわか雪   

説明1:

このように、天気のマークは、基本形とその仲間にわかれています。他にもありますから調べてみましょう。
(気象庁のHPに詳しい)

発問3:

天気予報でよく聞く次の言葉の違いはなんでしょうか?
A 「一時雨」  B「時々雨」

A 一時は 予報をしている時間の1/4未満の時に使う。 
B 一時間以上続き、予報をしている時間の中で合計が 1/2未満の時に使う

発問4:

大嵐や、夏の暑さがひどい時に、「異常気象」と言います。どんな意味でしょうか?

過去30年の平均値より大きく違う時に使う。

発問5:

今年の夏もとても暑い日が多かったです。
よく使われたのが、「真夏日」です。これは、どんな日のことでしょうか?

夏日  ・・一日の最高温度が25度以上
真夏日・・・最高気温が30度以上
熱帯夜・・・夜間の最低気温が25度以上

発問6:

真夏日がありますが、真冬日はどうでしょうか?

真冬日・・・最高気温が0度未満
冬日・・・最低気温が0度未満 
 

説明2:

天気予報をする人は、みな同じ言葉を使っています。それは日本全国、同じ表現をして、混乱しないようにしています。
気象庁のHPには、もっと細かく表現が一覧表になっています。面白いので自分でも調べてみましょう。
また、興味を持った人は、勉強すると「気象予報士」になれます。ぜひ、勉強してみてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド