TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1216071 更新:2013年01月01日

運動の中のテクニカルポイント<側方倒立回転>


1.誰もができる体育指導

 誰もができる体育指導の条件とは何か。

1.運動の原理が明らかである
2.指導の方法が明らかである

 いつ、誰が指導しても同じような授業ができるためには、運動の原理と指導の方法を明確にすることである。
 運動の原理は、客観的でありどこでも通用する。子供の実態に関わらず、存在する。側方倒立回転の運動原理は、次のようである。

倒立による回転運動

 倒立による回転運動ができるためには、三つの技術が必要である。

1.回転加速の技術
2.倒立の技術
3.立ち上がりの技術

2.側方倒立回転の基礎技能

側方倒立回転は、逆さになり、腕で体を支持して、バランスをとりながら運動する種目である。以上の3つの感覚作りができていないと、側方倒立回転は難しい。
 こういう動きは、日常生活の中にない。意図的に与えて、育てていかなければならない動きである。
 側方倒立回転の指導までに、以上の感覚作りができていることが、練習の第一条件である。
 逆さ、腕支持、平衡感覚が同時に身につく運動がある。倒立である。倒立ができるようになると、逆さ感覚、腕支持感覚、平衡感覚が自然に身につき側方倒立回転ができるようになる。

側方倒立回転の基礎技能は、倒立である。

 側方倒立回転の授業の前に、倒立の指導をしておく。いきなり倒立の指導に入っても効果は少ない。事前に側方倒立回転の基礎技能である倒立を指導しておくようにする。

3.倒立の段階指導

 倒立ができるには、段階的な指導が必要である。
 逆さ感覚、腕支持感覚、平衡感覚を育てながら、倒立ができるようにしていく。

1.足打ち跳び……………………………………3回
2.手押し車………………………………………10歩
3.壁倒立…………………………………………10回
4.片足振り上げ、片足振り下りの壁倒立……10回
5.壁倒立から横に片足着地……………………5回
6.壁倒立で横に移動……………………………5歩

 壁倒立には、二つの方法がある。
 一つは、ろくぼくを使って行う方法である。ろくぼくの前に後ろ向きに立って、両手を着いて片足ずつろくぼくに足をのせながら逆立ちの姿勢になる。
 この方法であれば、どんな肥満の子供でも、倒立ができる。自分の力に応じて角度を変えることができる。
 二つめは、壁に向かって直接倒立をしていく。この場合、蹴り足は両足一緒でも良い。下りるときも両足が揃っていて良い。
 段階指導の中で一番大事なのは、片足振り上げ、片足振り下りの壁倒立である。
 なぜなら、側方倒立回転は片足で振り上げ片足で着地していくからである。
 片足振り上げ、片足振り下りの壁倒立ができれば、側方倒立回転はほぼ、90%できたといってもよい。
 だから、倒立の基礎技能作りでは、片足振り上げ、片足振り下りの壁逆立ちが10回以上できるようにする。

4.側方倒立回転の段階指導

 倒立ができるようになったら、側方倒立回転の指導にはいる。
 これもステップを小さくして、段階的に指導していく。

 A.川跳びコーナー
 B.台跳びコーナー
 C.ゴム跳びコーナーA
 D.ゴム跳びコーナーB
 E.直線コーナー
 F.連続コーナー
 G.円盤回りコーナー
 H.壁倒立コーナー

Ba2
5.側方倒立回転の授業の結果

 ① 実施学級 千葉市立稲毛小学校 5年2組 男子14名、女子17名(計31名)
 ② 単元名 側方倒立回転を中心とした組み合わせ技作り
 ③ 指導計画
次 内容 時間
第一次 側方倒立回転ができる 3時間
第二次 側方倒立回転を入れた組み合わせ技ができる 3時間

 ④ 側方倒立回転に入るまでの指導の経過

9月10日(火) 倒立と側方倒立回転の第一回実態調査をする
10月7日(月)

11月14日(木)

倒立の練習
体育の時間 10分×12回
内容 ・壁倒立
    ・片足振り上げ振り下り倒立
    ・倒立

11月16日(土) 倒立の第二回実態調査をする

 ⑤ 側方倒立回転の指導

時 月日 テクニカルポイント 発問・指示
第1時 11月19日 回転加速の技術 立ち足はどちらがよいですか
第2時 11月22日 倒立の技術 手の向きはどれがよいですか
第3時 11月26日 立ち上がりの技術 どこを見たらよいですか

⑥ 倒立と側方倒立回転の関係

Aaaaaaa

側方倒立回転の評価観点
A 腰が伸びて着地安定
B 腰が伸びて着地不安定
C 腰は曲がるが着地安定
D 腰が曲がり着地不安定
E 腰が上がらず回転できない

Abbbbb

 【考察】
 1 腰が伸びて、側方倒立回転ができる(A、B)を見てみると指導前には、35.5%しかいなかったが、指導後には、87.1%になった。
 2 原因は、片足振り上げ振り下り倒立ができるようになったからである。Aの子供はほとんど10回以上できるようになった。
 3 着地が不安定な子供は、立ち上がりの指導(視点の固定化)で安定した着地ができるようになった。
 4 肥満度の高い子供は、片足振り上げ振り下り倒立ができず、かべ逆立ちも30秒程度しかできなかった。側方倒立回転もD、Eが多かった。


 ⑧ 子供の感想

■O君の感想

やっとできた側転

 マット運動で僕の得意なのは前転だけです。今まで側転なんてできなくていいやと思ってやっていませんでした。ついに、側転の授業がやってきました。
 最初は、倒立の練習から始めました。なかなか足が振り上げられませんでした。おしりが重くてもちあがらないのです。でも先生が思いきりやってごらん、といったので力強く振り上げたら一回できました。
 その後はどんどん練習して、ついにテストの時には10回かるがるできました。とってもうれしかったです。前の僕には考えられないことです。練習してこれだけできるようになったのだから、側転もがんばって練習すればうまくなれるかもしれないと思いました。
 1度そくてんをやってみました。僕は自分の側転が見えません。友達に見てもらったら「けっこううまいじゃん」と言ってくれました。これで自信がついた僕は、どんどん練習しました。
 根本先生がゴムとびコ-ナ-や川とびコ-ナ-、直線コ-ナ-などいろいろ楽しいコーナーをたくさん作ってくれました。僕はどれをやろうかとわくわくしてきました。
 特に一番練習したのは、ゴムとびです。手を伸ばして一番高いところに合わせます。そこに足がつけばいいのです。僕は全然つきません。でも低くしてやってみたら出来ました。だめおしでやってみました。うまくひっかかりました。でも着地がうまくいきません。
 そこで、根本先生がある方法を教えてくれました。それは、玉入れの赤玉をおいてそれを見ながら側転をします。見ながらやるとなぜか、立てるのです。いろいろなこ とを学びました。それともう一つ、手を着くのは、見たところをはさむようにします 足も伸びるようになったし、しっかり側転ができるようになりました。これは、いま までの練習をしっかりやってきたからだと思います。今までできなかった側転や倒立ができるようになったのでとてもうれしいです。

■Nさんの感想

やった できたよ

 私は、根本先生に倒立、側転を教えてもらってきました。
 何時間かやって、私が伸びたと思うことは、第一はろくぼくで倒立ができたことです。一番始め時間は、あしがはまってしまったらどうしようとか、おちたらいたいだろうなと思っていたのですが、やってみるとそうでもありませんでした。
 第二に側転の時、足がちょっとずつ上がっていくようになったことです。一度、幼稚園の組みたいそうで少しふれたくらいで、まったく興味を示さなかった私ですが、先生にほめられたり、みんなにはげまされたりすると楽しくなってきて、練習に積極的に参加したからだと思います。
 このように、どうしてよくなったのか考えてみると、今書いた、練習に楽しく参加できたこともありますが、私は、一番の理由は、家で練習したことです。練習は、下の図の通り三通りです。(図略)
 まずは、倒立の練習です。おしいれの前でやればいいだけのことです。
 川とびの練習は、適当なふとんをさがしてとびます。台とびは、ピアノのいすで、練習しました。このような練習を繰り返すうちに、うまくなっていきました。
 楽しかった練習はいろいろな物を使用して、いろいろなコ-ナ-で練習したのが一番たのしかったです。
 私は、この練習をもとに、倒立、側転など勉強ではなくほかの物のような感じになります。これからも、もっとうまくなれるようにがんばりたいです。

■M君の感想

ライト兄弟になった側転

 僕は幼稚園のころ、側転が得意でした。もう6年もやっていないので途中の手を着くところまではできるのだけれど、着地ができません。そこで、三時間側転の時間があったので、利用しました。
 僕の伸びたところは、やっぱりできなかった着地だと思います。なぜ、伸びたかというと、根本先生が、ある魔法をかけてくれたからです。
 それは、図のようにすることです。(図略)それで、最後まで赤玉を側転が終わるまで見ていることです。これで着地成功です。ライト兄弟のように、とべた後着地しました。
 練習で一番楽しかったのは、鈴ならしです。ちゃんと飛べてから鳴らすのは、いい音がしました。
 三時間側転の練習をしていたけれど、もっと練習がしたいと思います。


⑨ 結果
 1 側方倒立回転の基礎技能は、倒立である。特に片足振り上げ振り下り倒立は効果的である。
 2 側方倒立回転ができるためのスモールステップを作り、段階的に指導していくことが効果的である。

⑩ 今後の課題
 1 片足振り上げ振り下り倒立が10回以上できても、側方倒立回転で腰が伸びない子供がいた。原因を究明し、できる方法を解明していく。
 2 片足振り上げ振り下り倒立のできない子供の指導法を明らかにしていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド