TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320080 更新:2012年11月30日

荒れた学級に悩む仲間への私信


染谷です。
お手紙読ませていただきました。
毎日の奮闘に、お体を壊さないかと心配です。
学級担任が健康であることが、生徒にとっては何よりも幸せなことです。
どうかご自愛ください。

その状況に立ってみないと、荒れている学校の苦労というのは分かりません。
私は、軽々しくアドバイスできる立場にはありません。
ただ1つ私が言えることは、「これ以上悪くなることはない」と思い続けることです。。
「もっと悪くなるのでは・・・」と思い始めると、元気が湧きません。
朝、起きるのも辛くなります。
授業がうまく行かないとき、学級がしっくりまとまらないとき、特定の生徒への対応に悩むとき・・・。
教師を続けている以上、こんな場面はいくつも経験します。
中学教師を選んだ以上、仕方ありません。
教師が知恵を出し合って出た結論に向かって行動することしかないと思います。
「まずは、行動してみる」
そこからが学級再生へのスタートだと思います。

気をつけるべきことは、荒れた生徒に振り回されて真面目な子に目が行き届かなくなることです。
私は冷たい教師です。
荒れている生徒を無理に救おうとは思いません。
当然、それなりの努力はします。
それでも生徒の心に届かないのならば、距離を置きます。
それが私の限界だからです。
そうしないと真面目な生徒がかわいそうです。
荒れている生徒が勝手なことをしても、黙って我慢している生徒が学級には必ずいます。
そちらの生徒に力をつけることを、私は第1に考えます。
授業中教室から出ていく生徒は、極論を言えば、勝手にさせておけばいいのです。
教室には何も言わなくても、先生の授業を待っている生徒がいるのです。
その生徒に力をつけてあげること。
そちらの方が、重要だと思っています。

やはり基本は授業でしょう。
授業で勝負です。
授業が楽しければ、どんな生徒でも教室にいます。
教師の指示にしたがい、ノートを取ります。
挙手をして発言をします。
法則化には、楽しく知的好奇心に満ちた授業がたくさんあります。
それらを学び、忠実に追試することです。
《いい授業》をまねることで、《いい授業》のコツを体で覚えるのです。
書道も、手本を忠実にまねるところからスタートします。
それと同じことです。

問題が起きて、学年集会や学級会を開くのも必要です。
しかし、それで解決するほど中学生は甘くありません。
どうせ学年の生徒全員を体育館に集めるのなら、学級レクをすることの方が長い目で見れば有効かも知れません。
「楽しい」という思いを、させてあげることが再生のスタートになるものです。

ネットを通じて、全国の仲間が応援しています。
きっと勇気と元気が出てくるはずです。
法則化で学ぶ教師は、全員が太い絆で結ばれています。
ともに学びあいましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド