TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1425143 更新:2013年01月01日

転入生に,クラスの子の名前を覚えてもらうお助けアイテム


転入生に一番始めにしてもらいたいこと,それは,我々が子どもの前に立つときと同じである。

クラスの子の顔と名前を覚えてもらう。

何もしなくても1週間くらいで覚えるだろうが,やはり,早く覚えた方がコミュニケーションも取りやすいし,何より転入生も安心するだろう。

そこで,早く名前を覚えてもらうための,お助けアイテムを2つ考えた。

1 顔写真入り下敷き
2 一人一人の手作り名刺

1 顔写真入りの下敷き

用意する物・・・デジカメで撮った一人ずつの写真,A4用紙,ラミネーター

デジカメで撮った一人一人の写真を,A4サイズに印刷する。
その際,1ページに9枚入る大きさがちょうど良い。

印刷するときに,大きさが選べるので,9枚を選択するとよい。

写真は出席番号順に並べ,番号と名前を余白に書いておく。ふりがなもあった方がいい。

担任が子どもたちの名前を覚えるために,便利なようにした。

ラミネートすることで,下敷きのようになり,ランドセルに入れて持ち運べる。

表裏貼り合わせで,18人までが一枚に収まる。

2 一人一人の手作り名刺

用意する物・・・名刺サイズのカード(色,模様はお好み),一人ずつの写真

名刺サイズのカードを一人一人に配り,名前を真ん中に書く。
余白には,好きな食べ物,好きな遊びなど自分の情報を書く。
また,端には自分の写真を貼る。絵を描いて,色を塗るときれい。

写真は,先ほどの下敷きの写真と同じでよい。
今度は,「1ページに36枚」を選択すると,2.5cm×3.5cmくらいの写真になる。
切り取ってのりで貼れば,顔写真入りの名刺ができる。

裏には,転入生へのメッセージを書くとよい。

できた子から,本人へ渡す。両手でしっかり私,目を見て渡すことを私に見せに来たときに練習する。

パソコンで作る方法もあるが,2年生であること,手軽にできることで,今回は手書きにした。

もらった女の子はうれしそうに,名刺を見ていた。
下敷きも毎日持ってきて,朝の読書の時間に眺めていた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド