TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/01/18 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4904878 更新:2012年12月31日

5年「人のたんじょう」


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版 2001  

5年「人のたんじょう」

            TOSSアンバランス福島 大堀 真 

【 準備物 】

1 図鑑から鳥の絵をコピーしたもの。 同様に、両生類、爬虫類、哺乳類、魚類の絵をコピーしたもの各1 
2 調査用プリント一人一枚

魚類のコピーを黒板に貼る。

発問1:

これは何ですか。(魚です)魚のことを「魚類」と言います。言ってごらんなさい。

魚類と、コピーの下に板書する。

※ 以下同様に、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類と、コピーを貼って同様に聞いていく。

発問2:

脊椎動物は、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類の順に進化してきました。

 魚類、 (ここではマンボウを使う)は、約1億個のたまごを産みます。
 そのうち、親になるまで育って子孫を残すものは、何匹ぐらいいると思いますか。

 2~3匹であることを知らせる

発問3:

両生類、ヒキガエルは約1万個のたまごを産みます。
そのうち、親になるまで育って子孫を残すものは何匹ぐらいいると思いますか。

 2~3匹であることを伝える。

発問4:

 爬虫類、赤ウミガメは2百個ほどたまごを産みます。
 そのうち、親になるまで育って子孫を残すものは何匹ぐらいいると思いますか。

 2~3匹であることを伝える。

発問5:

鳥類、スズメは、繁殖期に10個ぐらいたまごを産みます。
そのうち、親になるまで育って子孫を残すものは何匹ぐらいいると思いますか。

 2~3匹であることを知らせる。

発問6:

では、哺乳類、イヌやネコなどは一度に2~5匹ぐらい子どもを産みます。
そのうち、親になるまで育って子孫を残すものは何匹ぐらいいると思いますか。

 2~3匹であることを知らせる。

発問7:

脊椎動物は、進化するほど一度に生む子ども(卵)の数が減ってきました。
 でも、親になるまで育って子孫を残すものは同じぐらいの数です。

 子どもの数が減ったかわりに、何かが増えているのです。
 ノートにあなたの考えを書きなさい。

答えは「子育ての手間・労力」である。

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

このサイトはリンクフリーではありません。リンクについてはお問い合わせください

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド