TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/17 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1301819 更新:2013年01月01日

ワーキングメモリを鍛える指導例


函南さくら保育園で行われているHQ教育を参考にして、楽しく 簡単に ワーキングメモリを鍛えることができる指導法である。
低学年での実践に限っているが、上学年でも可能である。
最初に見せて覚えさせ、それを言わせるのが基本であるが、一部隠して、何がないかを言わせるのもとても刺激になる。

カードの活用(1桁の数字を書いたもの、または色) 

1.数字カードを2枚から、5枚程度 次々と見せて、隠して言わせる。
2.数字カードを、数枚使って見せて、次に1枚のカードを省き、そのカードがなくなったか、当てさせる。
3.黒板にマグネットでカードを並べて見せる。その後、全部隠して、一枚省き、次に見せた時に、なかったカードをあてさせる。
4.色紙をはりつけたカードでも、同じようにできる。
5.黒板にはりつけた数字カードを横に並べて、一枚隠して、どの場所にあったかを、言わせる。
     

百玉そろばんを使って

1.隠し球 (音だけで、数をあてる)
2.上から 1桁の数の玉を3段程度動かす。その後、そろばん自体を隠して、うえから数を言わせる。 8,5.7というようにする。
だんだん増やしていく。

文章題の練習

1.教科書の文章題を、ゆっくりと教師が一回読む。その後こどもたちに読ませたあと、閉じさせる。
 発問・どんなお話でしたか? 誰がでてきましたか?何を使ってありますか? この中で、出てこなかったフルーツはなんですか?
2.文章題を読んだあと、教科書を見ないで、絵を描かせる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド