TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/24 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235073 更新:2012年11月29日

大地讃頌(大木惇夫作詞・佐藤真作曲)の指導法 


前奏が短いので、始める前に指揮者はみんなの顔を確認して、「OK?始めるよ」と目で合図しましょう。

1.前奏の3拍目に、「あ」の口でみんないっしょに息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. 「ハハ」はHAの子音を長めに言うことではっきり発音する。

広い大地の地平線のように、できるだけレガートで、横一直線に緊張感を持って歌い始めるかんじ。はっきり発音しよう津するあまり、まちがっても、スタッカートで「ハッハッ」と言ってはいけない。
pですが、弱々しくなってはいけない。堂々とたっぷり歌って良い。

3. v(息継ぎ)の記号まで、息をたっぷり続ける。
4. 「はは」「なる」「だいち」

「はは」「なる」「だいち」
 ↑ ↑ ↑ ↑
Aの母音を口の中を開けて丸い声で歌うことで、深くあたたかい声を作る。特に「大地」はこの曲の鍵となる言葉ですから、心を込めて大切に重く歌う。

5. 「ふ」はFまたはHの子音を長めに言う。

声を息と共に細く前にぴゅーーっとだす。
「と」は、「ふ」よりももっと向こうへ、広く勢いよく歌うことで、広い懐を表現しよう。

6. 男声の「われら」

はっきり動く。アルト、ソプラノが重なって、ハーモニーが厚みを増していくのを心地よく感じるまで練習する。

7. よろこびはー/ある

もう一回り口を大きく開けて、「あ」を言いかえる。ソプラノだけずれるのも、「あれ?まちがえたの?」と思われないように、「ソプラノずれてます」と、はっきりわかるように動く。

8. 歌詞をよく見てほしい。

「大地を愛せよ/大地に生きる人の子ら」という文ではないでしょうか。「大地に生きる」と4部で歌った後。男声パートに言葉を受け継ぐことを意識しよう。

9. 「人の子ら」~バス、テナー、アルト、ソプラノが重なって、ハーモニーが厚みを増していくのを心地よく感じるまで練習する。
10.歌詞に注目、「人の子ら」です。

コラッと怒ってるんじゃあないから、間違えないで。テクニックよりも、気持ち。やさしくやさしくうたうこと。

11.特に「土」から4バート歌詞が揃って、前半のヤマ。

広々としたイメージでたっぷり歌う。「せよ」は、はっきりとした意志を伝える。

12.間奏は、ピアノを聴く。

「上手ねえ」「きれいねえ」と思って聴く。つばを飲み込んで、のどを潤す。深呼吸する。

13.「平和な大地を」

緊張感を保って一息で。pだけれど、その中でも、へいわな<だいちを と、2段階をつける。

14.「静かな大地を」書いてないけど、もっともっと緊張感を増して、SHI・KHA・の子音をささやくように発音することで「静けさ」を歌う。
15. だいちを<ほめよ<たたえよ<つちを

少しずつ少しずつ緊張感がほぐれて、流れ始め、「つち」をに向かって歌う。

16.ここからは、解放された重厚なハーモニーをきかせよう。

男声の歌詞と女声の歌詞、どちらも大切。男声のほうが、テナー、バス同じ音程なので朗々とたっぷり聞こえてくるはず。

17. とくに女声は「だいーちっ、だいーちっ」になりやすいので、語尾をていねいに。
18. たたえよ<たたえよ<つちを  ほめよ<たたえよ

この部分で声をだしておくことが次を効果的にする。

19. これまでのボリュームをギューッと凝縮させて小さくする。

そこから、母なる大地を<母なる大地を<たたえよ<ほめよ<たたえよー土を と、ここにヤマをもってくる。
                                                ↑↑

20. ここから先は、ホール全体に響き渡る声で、気持ちよく歌おう。

「ははなるだいちを」ひとつずつ、はっきりと歌っても良い。
息が足りなくなったら吸っていい。特に最後の「ああ」の前では、全員で吸った方がよいと思う。

曲全体を通して、「大地」「土」たいせつなキーワードです。
とにかくパート練習をたくさんして、自分のパートが自信を持って歌えるようにしましょう。
男声は中学生ではバスもテナーもでにくくてつらいところがあるでしょう。悩まなくてもいいです。でるところを気持ちよく歌いましょう。
先生方、ぜひ大地讃頌だけでなく、この曲がはいっているカンタータ「土の歌」全曲を生徒達と学習してください。土(大地)のもつ力を感じると共に、その裏に描かれているメッセージが感じられると思います。全曲を知った上で、終曲の大地讃頌を歌うと、きっと子供達なりのすばらしい合唱になるでしょう。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド