TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/03/26 現在)

21381
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7551044 更新:2012年12月31日

たすのかな・ひくのかな(文章題指導のポイント)


指示1:

(問題文を指示し) 読みます。さんはい

子どもたちに読ませる。

発問1:

何の話ですか。

何がいくつあるか、それをどうするかなど、問題の話について一時読解のように発問する。

発問2:

これは、どんな話ですか?

初めの段階では、「増える話ですか?」「減る話ですか?」「合わせる話ですか?」「違いを比べる話ですか?」とたずねて、「どんな話」というまとめ方を指導する。

以下の発問のうち、問題にあうものをたずねて、演算決定をする。

発問3:

①増えるということは、何算ですか。

たし算です

発問4:

②合わせるということは、何算ですか。

たし算です。

発問5:

③減るということは、何算ですか。

ひき算です。

発問6:

④違いを比べるということは、何算ですか。

ひき算です。

「あわせて」や「のこりは」などの、単語だけに注目する「テクニック」の指導ではなく、きちんと読解させることが大切である。
立式するとはどういうことかという、基礎基本を指導しなくてはいけない。そのためには、問題文の読解が重要である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド