TOSSランドNo: 2130229 更新:2013年08月01日

【拡大掲示用】和音の種類(5年生)

制作者 鈴木恒太
学年 学年なし
カテゴリー 音楽 学校運営
タグ     和音  拡大図  掲示物  種類  音楽室   
推薦 法則化ランナーズ・ハイ

コンテンツ概要

小学校高学年の[共通事項]の中に、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅴ7の和音が入っている。教科書を見ると、小学校5年生の内容に入っていることが多い。しかし、後半期にいきなり、「故郷の人々(フォスター作曲)」を扱う時にやってもすぐに聴きとったり、弾けるようにはならない。4月最初から、聞き取れるようにしていくのだ。しかし、聴音のようにするのではなく、Ⅰでは気を付け、Ⅴ7ではお辞儀、Ⅳでは右に傾くと教えて、授業の終わりに毎回遊んでおけば、「故郷の人々」で聴きとることができる。聴き取れれば、すぐに手の形だけ教えて弾くこともできる。

このファイルは表示出来ません。以下のリンクからダウンロードして閲覧して下さい。

添付ファイルをダウンロードする(waonshurui.doc)

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。