TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「長谷川博之」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
8125182
「クラスメイトの名前書き」(長谷川博之氏実践の追試)
クラスメイトの名前を平仮名で書いた名簿を渡し、漢字で書かせていく実践。子供たちの自己肯定感を効果的に高めることができる。源実践は、長谷川博之氏である。
鈴木恒太
8413326
【長谷川博之氏構想追試】正しい指導過程を踏むことで行事で子供は成長する
長谷川博之氏の行事指導は、必ず「目的」と「目標」の違いを生徒たちに意識させてから、実践する。その実践を自分のクラスに応用して、「縄跳び大会」の事例で構想追試をした。
鈴木恒太
5994318
【長谷川博之氏実践修正追試】理想の上級生
長谷川博之氏の「理想の上級生」という実践を、セミナーで聞いた。発問・指示は示されなかったが手順は示された。発問指示は想像して授業を作っていった。
鈴木恒太
8582971
【長谷川博之氏実践の追試】5年生『光村図書』「丘の上の学校で」
5年生『光村図書』「丘の上の学校で」。5年生になって、最初の学習で扱う教材。黄金の3日間の中で指導することも多い。年度当初、教科書で知的な授業できれば、子供たちの「今年こそは!!」という期待値はあがる。 2011年春の教え方セミナーで、長谷川博之氏が、模範授業の中で示した発問を元にして、5年生27名のクラスで追試実践をした。必ず討論が起きる発問・指示。
鈴木恒太
8668033
【長谷川博之氏構想追試】子供たちに「利己と利他の関係」を指導する
長谷川博之氏の行事指導は、必ず「目的」と「目標」の違いを生徒たちに意識させてから、実践する。その実践を自分のクラスに応用して、「係活動」の事例で構想追試をした。
鈴木恒太
1839722
【長谷川博之氏構想追試】憧れをもたせることで、質の高い表現を要求できる
 長谷川実践を意識した行事指導では、「日常」というキーワードが必須条件である。また、特別活動の観点から、いかに、教師からの単なる押し付けではなく、放任はしないが、子供たちの自主的活動を引き出すかという点も外せない。  5年生27名のクラスで、夏休み明けから冬休みまで(旧2学期)の行事を通して心の成長をしていった実践である。
鈴木恒太
5217969
【長谷川博之氏実践の追試】できるようになったこと指名なし発表
長谷川学級では、7月、12月、3月に「できるようになったこと指名なし発表」をするという。本年度になって自分たちができるようになったこと、成長したことを只管、指名なしで発表し続けるのだ。指名なし発表で、お互いに成長を認め合うことで、子供たちの自己肯定感を高めていく効果的な実践。
鈴木恒太
5667878
「おわかれ演劇」の取り組み
長谷川実践に、「3年生を送る会」で、受験シーズンの中3に劇をさせるというものがある。それも長谷川博之先生は殆ど手を貸さずに、自分たちの手で取り組むのだという。  さすがに、「6年生を送る会」でやらせてもらうことはできなかったが、「このクラスの最後に、何かどでかいワクワクすることをやりたくないかい?」と投げかけたところ、子供たちから「ミュージカルがやりたい!」と出てきて、取り組んだ。  学年末ということもあり、私はできるだけ手を出さずに、「脚本」も「練習」もほぼ自分たちの手で実施させた。
鈴木恒太
New TOSSランド