TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/26 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「拡大図」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
3460133
縮図を利用して川幅や木の高さを求める
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第6時の指導案です。
木村重夫
7433557
一点透視法から、拡大図、縮図を学び、図形の世界を広げる
定規やコンパスを用いた拡大図、縮図の描き方を理解したのち、グラフィックデザイン等にも用いられる一点透視法の描き方を学習することにより、拡大図、縮図の描き方に関する知識・理解を広げ、さまざまな世界で見聞したり、さまざまな用途で活用したり、できるようにする。
和田匡史
5797394
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示7
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第7時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
8237485
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示8
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第8時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
2857115
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示1
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第1時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
3758376
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示2
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第2時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
9404905
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
1115793
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示5
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第5時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
5252350
拡大図と縮図のかき方
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第4時の指導案です。
木村重夫
2213569
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示4
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第4時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
8583421
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示3
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第3時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
9805416
縮尺の意味とその利用
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第5時の指導案です。
木村重夫
7371675
第3時  拡大図と縮図のかき方
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第3時の指導案です。
木村重夫
3931659
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示9・10
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第9時間目・第10時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
3749367
第2時  拡大図と縮図の性質
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第2時の指導案です。
木村重夫
2805135
教科書チェック・ノートチェック 
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第9時の指導案です。
木村重夫
7763835
6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示6
平成23年度、新教科書の6年啓林館「図形の拡大と縮小」第6時間目の全発問・全指示です。平均点は95.8点でした。
河野健一
3377184
拡大・縮小の「詰め」をする 
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第8時の指導案です。
木村重夫
7586988
練習
同時進行の向山型算数6年 6 拡大図と縮図・・・P.60~P.69の第7時の指導案です。
木村重夫
7591824
拡大図と縮図 第1時
東京書籍 拡大図と縮図の第1時です。
本吉伸行
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2130229
【拡大掲示用】和音の種類(5年生)
小学校高学年の[共通事項]の中に、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅴ7の和音が入っている。教科書を見ると、小学校5年生の内容に入っていることが多い。しかし、後半期にいきなり、「故郷の人々(フォスター作曲)」を扱う時にやってもすぐに聴きとったり、弾けるようにはならない。4月最初から、聞き取れるようにしていくのだ。しかし、聴音のようにするのではなく、Ⅰでは気を付け、Ⅴ7ではお辞儀、Ⅳでは右に傾くと教えて、授業の終わりに毎回遊んでおけば、「故郷の人々」で聴きとることができる。聴き取れれば、すぐに手の形だけ教えて弾くこともできる。
鈴木恒太
New TOSSランド