TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/25 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「ごんぎつね」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
1114032
「ごんぎつね」(新美南吉)のすぐれた発問一覧
小学校国語4年にでてくる主な物語教材文で使用できる優れた発問を集めました。 No.1114032 http://www4.ocn.ne.jp/~tetsu-33/kokugo/4/gon2.htm 原実践:大島哲也先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
3133574
「ごんぎつね」の授業
ごんぎつね」16時間の授業と覚書。新学習指導要領・PISA型読解力への対応を意識した実践(TOSS春日井推薦)。 No.3133574 http://homepage2.nifty.com/take-t/gon0.html 原実践:竹田博之先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
6844825
『ごんぎつね』全指示・全発問 12
 『ごんぎつね』の授業もいっきにクライマックスを迎える。今まで、場面ごとに要約してきたことが生かされる時がきた。子どもたちから、どれだけ意見が出るかが勝負だ。今まで、何度かこのことを検討してきたが、一番多く意見が出された。  兵十にとって、ごんは眼中になかったことがわかり、悲劇は増すばかりである。
平松孝治郎
3098437
『ごんぎつね』全指示・全発問1
まず、『ごんぎつね』の設定を扱った。登場人物では、主役と対役も扱った。「わたし」は登場人物かどうかで、ちょっとした討論になった。
平松孝治郎
8429837
討論がおこる発問(ごんぎつね)
ごんぎつね」の5の場面、討論がおこる発問があった。
表克昌
2829959
「ごんぎつね」 実践記録
物語教材「ごんぎつね」の教材分析と実践記録。
武田晃治
5310879
ごんぎつね
ごんぎつね第1時からの実践です。 事件の要約と討論で進めました。 ブログはhttp://blog.goo.ne.jp/tachibanana_1982/e/58bf563241808f96b0c532a85150eb00
橘直人
4051027
ごんぎつね(5) 主題を検討する
奥田隆氏のHP「分析批評実践事例集4年生 ごんぎつね 修正プラン」の修正追試です。主な修正点は、表に「ごんの行動・気持ち」と「兵十の行動・言葉」を書き入れる際、「指示1」「指示2」のように、1つずつ確認しながら記入させていった点と、主題を書かせる際に 書き出しの言葉を「人間…」と指定した点、そして、字数を「35字以内」と指定した点です。 No.1114197 http://www.infoaomori.ne.jp/~maekawa/gon-gitsune/gon.html
前川善治
8228990
『ごんぎつね』全指示・全発問 9
  『ごんぎつね』の授業もクライマックスに近づいてきた。向山洋一氏の有名な「かけよっていくとき、兵十は何を考えたか」の発問をメインに進めていく。兵十が見たものは何なのか、また、どんなふうに見たのか。その時の気持ちの変化はどうだったのか、とたたみかけるように進めていく。
平松孝治郎
6757176
「ごんぎつね」を分析批評で授業するー教材研究から授業展開までー
ごんぎつね」の教材研究から発問指示を入れた授業展開までを公開。
松藤司
7861440
ごんぎつね(4) クライマックスを読み取る
向山洋一先生の「国語の授業が楽しくなる(明治図書)」中の「ごんぎつね『かけよってきました』を読む」(私ならこう授業する)の修正追試です。話し合いの前に自分の考えをノートに書かせようと考え、「指示5」と「指示6」を追加しました。 No.1114197 http://www.infoaomori.ne.jp/~maekawa/gon-gitsune/gon.html
前川善治
2746087
ごんぎつね(3) それぞれの事件を要約する
片倉信義氏のHP「ごんぎつね」第1時~第4時までの修正追試です。主な修正点は、6つの事件を20字以内で要約させた点と、要約文を向山洋一氏の「ひょっとこ」の授業に倣って「(誰)が(何)する」「(誰)が(何)した」という形で書かせた点です。 No.1114197 http://www.infoaomori.ne.jp/~maekawa/gon-gitsune/gon.html
前川善治
7228701
『ごんぎつね』全指示・全発問 2
ここでは、まず事件のはじまりを問うた。「ごん」の紹介の部分と事件はちがうことに気づかせたい。 また、後の伏線の意味も含めて、視点について軽く扱ってみた。
平松孝治郎
1936735
『ごんぎつね』全指示・全発問 6
この場面では、色の検討を行った。すなわち、赤と白の象徴するものを検討させたわけだ。第2場面は、赤と白が印象的だ。ぜひ、挑戦してみたいところだ。
平松孝治郎
1114197
ごんぎつね(1) 全文を「6つの事件」に分ける
全文を説明の部分と6つの事件に分けさせます。向山洋一氏の「ひょっとこ」での発問、「これはいくつの事件からできていますか?」の修正追試です。主な修正点は、全文を分けていく際の手掛かりとして「説明2」を追加した点です。 No.1114197 http://www.infoaomori.ne.jp/~maekawa/gon-gitsune/gon.html
前川善治
3622017
『ごんぎつね』全指示・全発問 3
ここでは、ごんのいたずらを扱った。いたずらの内容と、いたずらの動機をきちんと説明できるかがポイントとなる。
平松孝治郎
3966522
国語文学作品指導のポイント~大造じいさんとがんの指導から
5年生「大造じいさんとがん」の単元を例に評論文指導のポイントを紹介する。
戸村隆之
8155576
『ごんぎつね』全指示・全発問 5
第1場面の要約である。「ごん」を主語にしたものと、「兵十」を主語にしたものと二通りで書かせる。後に、視点や「ごん」と「兵十」の触れ合いを問題にするこらである。  なおここでの要約は、向山型要約指導のように、字数制限や体言止めは行わなかった。必要なことが過不足なくまとめられていればよしとした。これは、6場面まで同じである。慣れてくるにしたがい、要約に要する時間を短くしていった。
平松孝治郎
9203273
『ごんぎつね』全指示・全発問 4
ここは短いパーツだが、重要だと考え独立させた。「兵十」と「ごん」の接触は、ほとんどなかったことに気づかせる。
平松孝治郎
7391154
『ごんぎつね』全指示・全発問 10
第2場面で、「赤」と「白」を検討した。ここでは、「青」を検討させた。2回目なので、スムーズに進めることができた。また、土間にくりを固めて置いたのはなぜかについても扱った。ここは、情緒的に答えるのでなく、証拠をきちんと示すことが大事である。
平松孝治郎
1537052
ごんぎつね
ごんぎつねを分析批評で授業しました。2014年度実施。
徳本孝士
1765727
 『ごんぎつね』全指示・全発問 7
ここでは、ごんが急いでいることがわかるところに線を引かせた。これも過不足なく見つけられることが大切だ。また、線を引く活動なので、どの子も授業に参加することができる。
平松孝治郎
8964043
『ごんぎつね』全指示・全発問 11
 この6場面の要約はすぐにできる。しかし、この6場面の要約は重要である。6場面では、視点が「ごん」から「兵十」に変化している。そのことがよくわかる場面だからだ。次時への伏線となる。
平松孝治郎
6428563
『ごんぎつね』全指示・全発問 8
 ここは、要約指導だけで、さらりと進んだ。授業時間には限りがある。軽重をつけて授業を進めることも大切だ。 ここでも、10人ほどを板書させて、教師が評定していく。◎〇△の3段階程度に評定していく。
平松孝治郎
4014490
ごんぎつね(2) 説明の部分の「ごん」を読み取る
「説明」の部分のごんはどんなきつねかを読み取らせました。「第1回鍛える国語教室in津軽('00.09.09)」での野口芳宏氏の授業の修正追試です。修正点は、「指示4」で理由が書けない子を集めて、どんなことを書けばよいかを教えた点です。 No.1114197 http://www.infoaomori.ne.jp/~maekawa/gon-gitsune/gon.html
前川善治
9819465
ごんぎつね「兵十はかけよってきました」を読む③
「要約・討論・引用・視点・解釈」を1年間の学習の中心にすることで、「兵十はかけよってきました」の一文の異常さに気がつくことが可能になる。第7時 No.4492902 http://www.geocities.jp/lion_maru0305/gongitune-top.html
高丸
4492902
ごんぎつね「兵十はかけよってきました」を読む①
「要約・討論・引用・視点・解釈」を1年間の学習の中心にすることで、「兵十はかけよってきました」の一文の異常さに気がつくことが可能になる。第1時 No.4492902 http://www.geocities.jp/lion_maru0305/gongitune-top.html
高丸
4200815
ごんぎつね「兵十はかけよってきました」を読む②
「要約・討論・引用・視点・解釈」を1年間の学習の中心にすることで、「兵十はかけよってきました」の一文の異常さに気がつくことが可能になる。第6時 No.4492902 http://www.geocities.jp/lion_maru0305/gongitune-top.html
高丸
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
1145424
ごんぎつね 第六場面の状況説明用コンテンツ
第六場面の動きをコンテンツにしました。紙芝居のようにやることで子ども達はより場面を理解しやすくなります。スマートノートブックのコンテンツです。
堂前直人
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
3587035
【漢字読み】ごんぎつね(東書4年)
東書4年「ごんぎつね」の読み練習サイトです。
福原正教
1547714
【漢字読み】ごんぎつね(教出4年)
教出4年「ごんぎつね」の読み練習サイトです。
福原正教
6004055
【漢字読み】ごんぎつね(学図4年)
学図4年「ごんぎつね」の読み練習サイトです。
福原正教
2180656
【漢字読み】ごんぎつね(三省堂4年)
三省堂4年「ごんぎつね」の読み練習サイトです。
福原正教
New TOSSランド