TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/22 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

キーワード検索「」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
4697349
「ありがとう」が言えるようになろう
どんな時にも「ありがとう」が言えるようにします。TOSS相模原・神奈川県MLの推薦を受けています。 No.4697349 http://blog.goo.ne.jp/a998207984/
須貝誠
7369373
箱根駅伝 2年越しの襷の繋ぐ
箱根駅伝で途中棄権、襷をつなげなかった悔しさを2年越しでチーム初のシード権獲得に導いた努力と仲間への思いを授業にしています。(TOSS山形 鈴木昭彦氏)
山口俊一
1338896
いじめの語り
いじめの時にどのように語るのか。甲本卓司氏から教えていただいた方法を紹介する。
畦田真介
3122023
星野富弘さんから学ぶ
星野富弘さんの数々の作品は,家族の支えがあって生まれている。その生き方に視点を当て,心に響く道徳資料を作成。(TOSS群馬ML推薦)原実践:岡田康裕先生 コンテンツ作成:平田純也
平田純也
5012804
MOTTAINAI精神を学ぶ
江戸時代から続く「もったいない」の考え方を知ることが出来る道徳の授業。 実践場所:TOSS信州大学 中日本インカレ授業者選考会
木内拓海
7076016
「明日もまた生きていこう」
 「明日もまた生きていこう 18歳でがん宣告を受けた私」 横山友美佳 著を授業化しました。
小須田恭子
2987547
TOSS道徳教育研究会
人間の生き方の原理・原則を教えるTOSS道徳教育研究会
河田孝文
2210366
お父さんのお手紙
数時間後に出撃する神風特攻隊員の父が愛児に遺した手紙。子を思う親の気持ちはいつの時代も変わらない。<広島ML推薦> No.2210366 http://homepage1.nifty.com/RED-SILVIA/kamikaze.htm
高橋恒久
7267025
【動画】親守詩の作り方
親守詩の作り方を動画で解説します。参観日などでこの動画を流し、そのあとで親子一緒に作るといった授業が出来ます。TOSS北海道の塩谷直大・亜由美夫妻が作りました。
水野正司
4421667
道徳  この顔でよかった
差別に向かう藤井輝明さんの姿から、自分の個性を大切にすることを学ぶ。木野村寧氏の「ジロジロ見ないで」の授業を、差別を克服する姿に焦点を当て、組み立てを変えてみた No.4421667 http://blog.goo.ne.jp/nt7251/e/6074f5f167caedcfcc46ac7f3aca62c6 原実践 木野村寧先生 修正追試 長山知直先生 コンテンツ作成 大輪真理
大輪真理
1215059
差別を許さない授業開きの語り
体育授業の第一歩は体育が不得意な生徒に対する差別の意識構造を打破することから始まる。4月.体育の授業開きの時に使える語り。
山本真吾
8064432
モラルコードの日本人の力
グローバル人材として生きる日本人としてのふるまい方を考えさせる授業。世界で最も良い影響を与えていると言われる日本人はどのような生き方をしてきたかの一例を紹介する。
酒井基成
3999478
名づけと親心
室井滋さんの絵本「しげちゃん」を使って名前にこめられた親心に気づかせる授業
伊藤翔太
2220055
こころのバリアフリー
乙武さんの生き方を通して心のバリアについて考えていきます。 No.2220055 http://www3.ocn.ne.jp/~hirokot/kokoro1.htm
高野宏子
9634278
全ては未来につながっている 指導案
自分に起こる全てのことは未来につながっています。エジソンの言葉を交えながら、子ども達に語れる内容になっています。明るく前向きに生きることを子ども達に伝えます。別れのメッセージにもオススメ。
堂前直人
3875731
イチローの授業
立花隆氏の著書に「二十歳のころ」(新潮社)というのがある。各界の著名人に二十歳のころの自分をインタビュー形式で語ってもらった本だ。それをヒントにイチローの12歳のころを調べ授業化した。6年生にお薦めの授業だ。
坂田幸義
5019843
利他の心
サッカーの長友選手(インテル)の生き方を例に挙げ、「利他」とはどういうものかを教える授業。
杉田智史
4496336
3人の有名人から学ぶ「感謝の心」
オバマ大統領・ソフトボールの上野由岐子・Panasonicの創始者、松下幸之助の3人の生き方から、「感謝の心」を学ぶ。
橘直人
9726540
通常学級の子に障害者のことを暖かく伝える「ハードルの話」
通常学級の子の、障害者を見る目が変わります。(TOSS北海道ML推薦) No.9726540
勝田仁
6250273
「正直」に関わる格言・故事成語を知る
「正直」に関する故事成語を紹介し、日本人の生き方を考えさせる授業
竹田博之
8603343
朝の会3分で子どもの心に響く語り(箱根駅伝 早稲田大学)
朝の会3分で子どもの心に響く語りです。 授業のすきま時間でも大丈夫です。 No.8603343 http://www5e.biglobe.ne.jp/~arigatou/fin6.htm
林健広
8543527
杉山学氏道徳授業「天国と地獄」修正追試・実践記録
杉山学氏「天国と地獄」の道徳授業の修正追試。「情けは人のためならず」という概念をクラスという単位で教える授業。(法則化ランナーズハイ推薦) No.8543527 http://www.geocities.jp/kyabe4/tengokutojigoku.html
鈴木恒太
3708990
ビー玉貯金
努力をした人は、努力の壺にビー玉をいれていきます。あふれるまでビー玉が入ったらパーティーをします。
白鳥真樹
2210015
「森兄弟のオリンピック」で生きることのすばらしさを伝える
中学生にこそ、力のある教材が必要です。感動のあまり、男子も女子も涙を流した実践です。
染谷幸二
9957952
【向山洋一Q&A語録】LDの子への対応
福島で15年間開催されてきた「向山洋一Q&Aエキサイティング講座」から、QAのエッセンスを抽出した。向山氏の教育思想。
大関貴之
9386799
道 友情・親切について考える授業
中学道徳と中学技術・家庭科で追試できる授業実践例を紹介 No.2210006 http://homepage1.nifty.com/doutoku/miti-index.htm 原実践 垣内秀明先生 コンテンツ作成 大輪真理
大輪真理
9144317
帝京大学ラグビー部から学ぶ 勝ち負け以上に大切な事
前人未到の記録を達成している帝京大学ラグビー部の 勝ち負け以上に大切にしていること。 勝ち負けの後こそ大切だと言う思想を学ぶ道徳授業です。
本吉伸行
2320525
作文『2年生になって成長した自分』を家庭訪問で持参する語り
『2年生になって成長した自分』と題する作文を書いてもらう。4月は新鮮な気持ちで過ごしているので、成長点を見つけやすい。そして、5月に行われる家庭訪問に持参する。
染谷幸二
2210254
授業参観で「生きています、15歳。」の授業を
卒業を前にした最後の授業参観で、井上美由紀さんの親子関係から、親への感謝の気持ちと子育てのあり方を考えさせる授業を行いました。(TOSS栃木ML推薦) No.2210254 http://www8.ocn.ne.jp/~hasue/15sai.html 原実践 菊地はす江先生 コンテンツ作成 大輪真理
大輪真理
8074408
挑戦!~エリック・ムサンバニ氏~
 小学校学習指導要領 第3章 道徳の内容に、第5学年及び第6学年の「主として自分自身に関すること」の(2)に「より高い目標を立て、希望と勇気をもってくじけないで努力する」とある。この内容は、伝記などで偉人の人生から学ぶ分の多い内容である。そこで、エリック・ムサンバニ氏の半生を通して「挑戦する気概の大切さ」について伝える授業を作ることにした。
戸高究
7486410
1/2成人 決意の言葉(台本)
『話す聞くスキル1』(正進社)「6年生を送る会」の付け足し言葉のパロディを修正追試した。4年生の1/2成人式の第2部の冒頭に、「呼びかけ」として実践した。
鈴木恒太
2210322
日野原重明さんから学ぶ テーマ:人の役に立つ生き方
91歳の現役医師、日野原重明さんの生き方から、「人の役に立つ生き方」を学ぶ道徳授業。(TOSS群馬インフィニット推薦) No.2210322 http://www.page.sannet.ne.jp/atsusi-imai/doutoku16/ron16.htm
今井淳
2210339
「吉野敬介さんに学ぶ」を道徳で修正追試する
本実践は今井淳先生「吉野敬介さんに学ぶ」の修正追試である。15歳の3年生に、勇気と希望を与えてくれる授業。授業参観で追試した後、学校に批判的な母親が「先生、最高の授業でした。」と言ってくれた。 No.2210339 http://www3.ocn.ne.jp/~chigiran/yarebadekiru.html
千明浩己
7717055
「生きてます、15歳」
『生きてます、15歳』から努力の大切さを伝える授業。(染谷幸二先生の追試)
太田政男
4727029
「思いやりの輪を広げよう」 ―「あすという日が」復興支援ソング―
仙台市立八軒中学校の合唱・吹奏楽部の歌う「あすという日が」には,「思いやりの輪を広げたい」というメッセージが込められている。復興支援のために自分にできることは何か,思いやりの気持ちを届けるにはどうしたらいいか,子ども達に考えさせた実践。
金城貴裕
2151004
1年生最後の授業参観でおこなう点字の授業
『学校の失敗」(扶桑社)の中で紹介されている甲本先生の授業を1年生の授業参観(3学期)向けに修正して追試しました。実践は1年生のものですが、どの学年でも追試可能です。
中村智治
9506375
28人のメッセージ
クラス全員が、クラス全員から自分あてのメッセージをもらえる実践。名簿さえあればすぐできる。所要時間は生徒数×約1分。(TOSS福井推薦)
村上睦
2210051
挨拶と整理整頓の大切さに気づかせる
子どもたちのあこがれであるサッカーや野球関係の方からの話を中心にして、挨拶と整理整頓の大切さを気づかせ、普段の生活をよりよくしていこうという気持ちにさせる。千葉ML推薦 No.2210051 http://homepage1.nifty.com/hoshijima/seiriseiton-top.htm 原実践:星島成壱先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
1613939
ルールを教える-嫌がっている人に無理矢理何かをさせることは、「罪」である
身の回りのルール(法律)について。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ23巻(明治図書)より
河田孝文
2220054
豊田佐吉
豊田佐吉が開発した「豊田式動力織機」によって日本の紡績業は大量生産の道が開かれ,ようやく発展の緒についた。今から100年以上前に日本人がこのような偉大な発明を成し遂げたことを子供⊃ちに知らせたい。 http://www.sanjo.nct9.ne.jp/yocchaki/doutoku/sakichi/sakichi.html
小林義典
6733252
動けば変わる
ゴミ拾いをきっかけに人生が変わった青年荒川祐二さんの著書『半ケツとゴミ拾い』をもとに授業を作りました。 「小さな一歩」をテーマにしています。
戸﨑恵
7128478
点字を知り、身近な点字を見つけよう<3時間目>点字を知ろう ~点字を学んで~
初めての点字との出会い。身近な点字の存在を知り、ゲーム化する中で、点字をより身近に感じていけるよう願って授業を組みました。コンテンツ作成:野中伸二先生 コンテンツ移行代理:平田純也
平田純也
2058906
盲導犬サーブの授業
道徳の授業を行うに当たって、力強い資料を使用して、道徳の授業を行うことが大切である。力のある資料があれば言葉も少なくすみ、子どもの心にも響く。3年生の国語(東京書籍)に盲導犬の話があるため、3年生におすすめである、しかし3年生はもとより、高学年、授業参観にも活用したい授業である。
細井信克
8615414
やっちゃんの生き方に学ぶ
生命は自分ひとりのものではないことをやっちゃんの生き方を通して学ぶ授業です。(TOSS/Advance推薦) No.8615414 http://blog.goo.ne.jp/akira_0610/c/15da2d609d896bcd98161abcdb928475
吉谷亮
2210167
道徳「輪中の人々を救った人たち」
薩摩藩の人たちは江戸幕府の命令により木曽三川の工事をすることになる。自分たちの命を犠牲にして工事を完成させた薩摩藩の人たちの行為を将来の職業選択とからめて考えさせた授業。
竹田博之
2230059
夏休み前にする、三つの大切な『いのち』の話?中谷結花氏の追試
一学期の終業式で、全校児童にした生活の話です。「教室がシーンとなる?爐箸辰討?きの話??100選」中学年編(明治図書)より、中谷結花氏の『三つの大切な「いのち」の話』を追試しました。(TOSS石川ML推薦) No.2230059 http://homepage2.nifty.com/motomura/inochi.htm 原実践:中谷結花先生 追試実践:元村恵利子先生 コンテンツ移行:門間政博
門間政博
4752181
詩で紡がれた親子の絆 指導案
脳性まひで全身不随になった山田康文君。彼とお母さんの詩のやりとりは、親守詩に通じるものがあります。親守詩への動機づけとして使える授業です。
堂前直人
5927958
自分の持ち物に記名して欲しい時に話す心に残る話
全校に向けて「持ち物の記名」を呼びかける話。学級指導でも可。薄井健文氏HP「記名をさせるコツ」の修正追試。(原実践:松島俊二氏 コンテンツ作成:坂本佳朗)
坂本佳朗
2699631
道徳 野口聡一さんと松岡修造さん
二人の言葉をつなぐのは、「かっこいい生き方」。子どもたちにも、きっと夢を与える道徳の授業になるでしょう。
小林正樹
6039824
わたしたちにできることは
飢餓で苦しむ人達のために、多くの人が行動していること、ユニセフもその一つであることを子ども達に教え、自分ができることをやろうという意識を育てるために考えた授業です。 ユニセフ募金などの取り組みの前に、、全校でも行える授業です。
佐々木誠
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
New TOSSランド