TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/16 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

キーワード検索「」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
1270045
人にやさしくすると薬が出るんだよ
今までの私が行った道徳の授業の中で一番手応えのあった授業です。この授業の後は、進んで人に役立つ行動をする子どもたちが増えてきました。(広島ML推薦) No.1270045 http://homepage1.nifty.com/anniversary/kokoro.htm
平田千晶
2210417
まどみちお「僕は何を」の授業
第11期教育技術の法則科5年生に掲載された自分自身の論文を修正追試する。 まどみちおの『いいけしき』に収録されている「ぼくは何を」を用いて、自分は何を持っているのか・自分の長所を考えさせる授業。小学校から中学校まで実践可能。
竹田博之
9946041
最上級生になる子どもたちへの最後の授業
人のために働けるリーダーになってほしい。という願いをこめて、5年生の子どもたちに最後に行った授業です。
三島麻美
3447580
ディズニーランドを支える人
4月最初の道徳で、行いました。原実践は、今井淳氏。 高野宏子氏が修正追試したものを、さらに組み立てを修正し最後の部分を追加しました。
齋藤いち子
3072933
「江戸しぐさ」から学ぶ相手への心配り
相手尊重主義の精神を行動に具現化した「江戸しぐさ」。 「江戸しぐさ」の根底にある「相手への心配り」ができる子どもを育てる授業を行う。 No.3072933 http://www1.odn.ne.jp/~aam33740/index.html/edosigusa.html
山田仁
2534139
少年の夢(イチロー選手の作文から学ぶ)
『心のノート』高学年に、イチロー選手が登場します。『心のノート』の授業を行う前におすすめの授業です。 No.2534139 http://www2.odn.ne.jp/~cab36530/newpage1.htm 原著者:小杉聡
溝口佳成
7742995
『わたしのいもうと』の授業
絵本『わたしのいもうと』を使ったいじめについての授業です。
木村理子
6129791
相手のことを心から考えた日本人
日本人の人を思いやる気持ちを授業にしました。
杉谷英広
2151032
クイズや自己紹介をしながら楽しむ手話の授業
クイズや自己紹介など、手話に興味関心を持たせることをねらいとした授業である。保護者参観授業でも、盛り上がる。授業前半は、丸尾浩一氏の追試である。
上木信弘
9482010
道徳・みんなからみんなへの手紙 寺田充伯氏実践の追試
クラスのみんながみんなへ手紙を書きます。みんなのいいところを見つけて書くので終わった後は温かい気持ちになります。 (TOSS流氷推薦) No.9482010 http://www.yamadarn.com/cgi-bin/wiki/wiki.cgi/hkd?page=%C6%A3%C5%C4%CC%C0%BB%D2%A3%B1
藤田明子
4439313
なにがきみのしあわせ?
『それいけ!アンパンマン』およびその作者であるやなせたかし氏を題材にして,授業をしました。著作権・肖像権保護のため,画像を隠している部分があることをご了解ください。なお,完全版コンテンツについては,松本隆行までお問い合せください。
松本隆行
4370741
カーテンの向こう(大切なウソもある)
ウソをつくことは悪いことだが、必要なウソもあることを学ぶ
垣内秀明
2170039
長期の休み前にしておきたい万引きの授業(全学年)
ライフ・スキルを取り入れたタバコの授業の修正追試である。「万引き」についての場面で、自分ならどうするか考える。万引きが発生しやすい長期の休み前にするのがおすすめである。
寺田真紀子
2848652
震災復興ボランティア~中学生の君だからこそできること~
わたしたち中学校教師に必要なことは、平成23年3月11日に東日本を襲った大地震の復興に携わっていける人材の育成である。  いまなお、学生ボランティアのメンバーや定期的に時間をやりくりできるメンバーが活動している。この時、私たち教師の使命は、「授業を通して、大震災復興のための人材を育てること」である。復興は、20年先まで続く。その20年先の未来をリードする中学生に伝えたい授業です。
山口俊一
2210205
命のバトン
相田みつをさんの詩と家系図、教師の語りで、自分の命が先祖から子孫へと受け継がれていくかけがえのないものであることを伝える授業です。三浦弘氏の修正追試です。(TOSS新潟ML推薦) No.2210205 http://www3.ocn.ne.jp/~saitou/inoti.htm
齋藤いち子
3314339
【向山洋一Q&A語録】休み時間明けの授業
福島で15年間開催されてきた「向山洋一Q&Aエキサイティング講座」から、QAのエッセンスを抽出した。向山氏の教育思想。
大関貴之
1068721
為政者の立場になって考える「禁教令」の授業
教科書での「禁教令」の扱いは、当時の為政者がまるで、自分の言う事を聞かない邪魔な人々を弾圧した側面ばかりが強調されている。しかし、キリスト教が、当時ヨーロッパ列強諸国の植民地主義に利用されていた。日本の為政者がそのことに気付き、貿易での利益を天秤にかけてでも、イエズス会系のキリスト教の危険性を理解していたことで、日本が植民地にされずに済んだ側面がある。歴史の授業を通して、子供たちに「歴史上の事実」を様々な見方ができるよう能力を身につけてほしい。
鈴木恒太
9161867
悪口と愛語
小林正観氏の文章から、どんな言葉を使うとどんな人間関係を築けるのか、中学生に考えさせる授業である。(TOSS栃木推薦)
岩井敏行
6077934
一 小さな「けじめ」を大切にする            野口芳宏
道徳教育に関する野口芳宏氏の主張
河田孝文
2210296
エルトゥールル号事件
明治23年.和歌山県沖でトルコ使節団660名の乗る軍艦が遭難。暴風雨の中で島民は瀕死のトルコ人を背負い60mの断崖絶壁をよじ登る。その後.世紀の歳月を超えるドラマが生じた。No.2210296 http://www.sanjo.nct9.ne.jp/yocchaki/kigai/ertug/ertururu.html
小林義典
2210413
道徳「無償の愛」 「かわれるものなら」
TOSS広島コンマサークル.高橋恒久氏の実践を再構成して.追試したものです。(TOSS静岡推薦) No.2210413 http://www.kids-main.com/modules/xfsection/article.php?articleid=42 原実践:高橋恒久先生  修正追試:青木治夫先生 コンテンツ作成:福原正教
福原正教
4603643
原則3 世のため人のためになることをしよう
TOSS道徳5原則のうちの一つ、「世のため人のためになることをしよう」に沿った授業を集め、分類しました。
吉谷亮
5523624
「左手一本のシュート」から学ぶあきらめないこと
脳動脈奇形で倒れてしまった一人の少年が、高校時代にバスケの試合に出るという夢を追いかけるという物語から、あきらめない心を学ぶ。
ひろたろう
1728592
神風特別攻撃隊の授業
大東亜戦争(太平洋戦争)末期、特に凄惨だったといわれる沖縄戦において、「神風特別攻撃隊」が出撃した。当時の未来ある若者たちが、高い知性をもって現代を生きる私達のために出撃したことを学ぶことによって、日本人としての誇りをもち、今を生かされていることに気付かせる実践。
鈴木恒太
8313491
逆境に負けず、あきらめないことの大切さ                  ~6点点字開発者のルイ・ブライユを通して~
視覚障がい者であるルイ・ブライユが、視覚障がい者のための文字を作ろうと努力してブライユ点字を完成させ、現在に至るまで多くの視覚障がい者の未来を切り開き、夢と希望を与え続けていることを通して、『現状を打破するために努力することの大切さ』を教える。
岡田悠亮
7537820
【決定版】「学べない人のために学ぶのだ(吉田松陰)」の授業
「なぜ、勉強をしなければならないのか?」「自分のための勉強」から「世のため人のための勉強」へ意識改革をさせる授業。様々な修正を加えた最後の決定版。
鈴木恒太
1762604
しつけの3原則 
教育学者 森信三氏のしつけの3原則をもとに子どもたちに行った道徳授業の様子を書いた学級通信です。
松島博昭
4583086
道徳:「オタマジャクシのうんどうかい」
『おたまじゃくしのうんどうかい』(阿部夏丸・作 村上康成・絵)を使った道徳授業です。
小林正樹
9330703
「今」そして「過去」を大切する人生が、夢を切り拓くことを知る授業
夢や希望を持って生きていくことは大切なことだ。その夢や希望を持つためには、「今」を精一杯生き、「過去」を大切にする。そのような生き方を続けていくことが大切なのだ、と気づく授業。
垣内秀明
5010804
いいところさがし
相田みつを氏の詩を使って導入し,みんなのいいところを見つけあう。そしてクライマックスは保護者からのメッセージである。これを読んだ子どもたちは,感動間違いなし!コンテンツ作成:矢澤敏和先生 コンテンツ移行代理:平田純也
平田純也
9774432
学級だけの「当たり前のこと」10か条を作る(鈴木正一氏の追試)
 『TOSS道徳「心の教育」10 当たり前のことができる子どもを育てる』向山洋一監修 TOSS道徳教育研究会 河田孝文編に掲載された「当たり前のこと10か条」を活用して、自分の生活を振り返るだけでなく、自分たちで当たり前のこと10か条を作ることで意欲的に行動できるようになった。
宮島真
5384182
討論で盛り上がる、「アリとキリギリス」の授業
「アリとキリギリス」のお話で、自分がアリならどのような行動を取るのかを考え、討論することで、“相手のことを心から考える”子ども達を育てる。師尾喜代子氏実践の追試。
堀田和秀
1462704
江戸っ子の子供時代
『図説浮世絵に見る江戸っ子の一生』佐藤要人監修,藤原千恵子編(河出書房新社,2002年)を元にして,授業を作りました。2006年12月26日,法則化みすまるで模擬授業をしました。授業用コンテンツは別にアップします。
松本隆行
6174424
ピート・グレイに学ぶ「あきらめない心」
片腕の大リーガー、ピート・グレイ選手の生き方を通して、夢をあきらめない大切さを伝える授業。小川晋氏、大貝浩蔵氏の修正追試。(TOSS福井推薦) No.6174424 http://wiki.tossfukui.net/wiki.cgi/ronbun?action=ID&b=GN9QC5vXGE-5OrNbK69cog
村上睦
9465986
道徳:最近のウキウキ
日常の話題から作る、あたたかな道徳授業です。 学級通信より、お届けします。
小林正樹
8846520
いじめは脳を傷つけている
「いじめは脳を傷つけている」という医学の研修成果に基づく授業。コンテンツ作成:河田孝文先生 コンテンツ移行代理:平田純也
平田純也
2272643
「MOTTAINAIの心」を45分間で授業する
◇TOSS山形・大場学実践の修正追試である。  45分間の授業として組み立てた。討論の時間を入れ、画像を若干修正した。
小林正樹
6921611
ペリリュー島の戦い
パラオのペリリュー島での,日本軍守備隊と島民の胸震えるエピソードです。
小林義典
9584627
「食物の3つの栄養素」嫌いなものは食べなくていいのかな?
食物の栄養素の働きについて知らせることで、自ら偏食を直す意欲付けをしたい。 No.9584627 http://www.t-kinokawa.com/tossishikawa/shokuiku.html コンテンツ作成:下出和子 コンテンツ移行代理:五十嵐貴弘
五十嵐貴弘
5121516
子どもを鍛える①いじめの正体をあばく
いじめの正体をあばく。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ2巻(明治図書)より
北島瑠衣
1803644
受験1年前に行いたい道徳授業「元服」
受験を1年後に控えた中学2年生に行いたい授業です。
垣内秀明
8585399
イラストで学ぶシリーズ  いじめを考える
イラストで学ぶシリーズ イラストは提示するだけで理解が深まります。無駄な説明を省いて指導することができます。(TOSS大阪みおつくし推薦) No.8585399 968  原実践者 辻野 裕美先生 (コンテンツ作成 大輪真理)
大輪真理
5814117
「破れ窓」理論についてのメッセージ
「1カ所の壊れた窓を放置すると、次第にイタズラや犯罪の格好の場所になり、あっという間に建物全体、社会全体がダメになっていく」という「破れ窓の理論」を紹介した学年通信より抜粋
竹田博之
3304917
友だちがいがナイと感じた時に行う授業
自分や周りの友達について考える授業
垣内秀明
9326763
トリアージ・システムで災害医療の難しさを学ぶ
中学校道徳。災害医療の現場で導入されている「トリアージ」というシステム。1人でも多くの命を救うためのシステムであるが、運用にあたる救助隊や医師の精神的負担は大きい。きれいごとだけでは済まない災害医療の実態を学ぶ。(TOSS福井推薦)
村上睦
1919478
葛飾北斎の生き方に学ぶ
晩年まで絵を描き続けた北斎の生き様から日本人としての気概を学ぶ。
伊藤翔太
9149265
親守詩実践報告
児童に親守詩を作らせました。
松本隆行
9774727
道徳資料「六千人の命のビザ」
日本のシンドラーと呼ばれた杉原千畝の生涯
垣内秀明
3590498
トイレのスリッパをそろえよう
詩を読ませたり,実際のトイレのスリッパの状態を写した写真を見せたりして話し合わせることで,トイレのスリッパをそろえることの大切さに気付かせる。
太田政男
5764437
具体的な2学期の目標を立てさせる
夏休み明けや、2期制の学校では、10月の後期開始の時期に、2学期の目標を書かせる学校は多いだろう。しかし、ただ書かせては意味がない。多くの学校は書かせて、掲示をして終わりなのである。 2期制の学校では、2学期の目標は、すなわち、その学年修了の3月の時点の自己の理想像である。そこへ向かって、子どもたち一人ひとりを鍛え上げなければならないのだから、書かせっぱなしではなく、きちんと指導をするべきなのだ。
鈴木恒太
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
New TOSSランド