TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「中学校」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
1145160
《重要語句》《重要単元》を教える授業
力のある生徒には自らの力で学力を伸ばしていく方法を教えることも重要である。そのためには、「重要語句」と「重要単元」を、授業を通して教えたい。
染谷幸二
2320611
修学旅行の課題を全員に伝えるための語り
行事が終わった後、その行事の総括を語るようにしている。「良かったこと」と「改善しなければならないこと」を明確にすることで、次回の行事に高い目標を持って臨むことができるからである。
染谷幸二
9630844
オーラルイントロダクションの原則
TEXT指導ではパーツとパーツが相乗効果を生むような授業全体のシステムが必要である。その指導の最初にあたるオーラルイントロダクションを効果的に行なう原則を紹介する。 No.9630844 http://blog.goo.ne.jp/misa_sky/e/4cfafa25c3b92bb06054bcdd195eb9ca 原実践:厚 美佐先生 コンテンツ移行:門間政博
門間政博
7123743
これは楽チン定期テスト採点・返却の技術
中学校教師にとって定期テストの○つけは、大変な時間と労力を要する。○つけ、返却を簡単にし、不正をさせない返却方法を紹介する。
吉原尚寛
2320558
卒業後の進路は自分自身の決断が必要であることを伝える語り
中学校2年生は、卒業後の進路を考え始める時期である。だからこそ、3月の入試に向けて努力を続ける3年生の姿を観察するように指導している。
染谷幸二
2210015
「森兄弟のオリンピック」で生きることのすばらしさを伝える
中学生にこそ、力のある教材が必要です。感動のあまり、男子も女子も涙を流した実践です。
染谷幸二
2320525
作文『2年生になって成長した自分』を家庭訪問で持参する語り
『2年生になって成長した自分』と題する作文を書いてもらう。4月は新鮮な気持ちで過ごしているので、成長点を見つけやすい。そして、5月に行われる家庭訪問に持参する。
染谷幸二
2320614
家庭訪問前に学級通信で伝えること
家庭訪問が始まる10日前、次の文章を学級通信に書いて発行する。訪れる先では、いつも居間に飾られた賞状や写真が話題となる。「親と話すのが苦手」という人には、オススメである。
染谷幸二
2320392
合唱練習が「壁」にあたったときの語り
練習中、いくつもの壁にぶちあたる。それを1つ1つ越えた先に感動がある。学級で感動を味わえる最大の行事である合唱コンクールを最高の状態で臨むための語りである。
染谷幸二
2320513
「友達」について新しい視点を与える語り
4月、バレーボール元日本代表である三屋裕子さんの『求めてばかりいないで』というエッセーを使って授業をする。「友達」について新しい視点を与えるのがその目的である。
染谷幸二
2210335
『ブロークン・ウィンドウ理論』を学級で語る
秩序ある学級にするため、何が必要なのか?それは《乱れた状態を見逃さない》という学級担任の強い意志であると、私は思っている。願いを伝え、生徒の協力で秩序ある学級を育てていきたい。
染谷幸二
2320446
修学旅行は金銭教育の場であることを伝えるための語り
修学旅行前であれば有効な「語り」である。修学旅行の価値を伝えるために、自信を持っておすすめする「語り」である。
染谷幸二
3439658
「大気圧」 (中学1年)理科
普段、あまり感じることのない空気の圧力(大気圧)を知る。大気圧がさまざまなところで利用されていることを知る。(TOSS関西中央事務局推薦) No.3439658 http://www.tosskansai.jp/support/100830komatu.htm 原実践:古松育代先生 コンテンツ移行:門間政博
門間政博
1145144
地理・地域学習の導入は、誰もが知っている「モノ」が有効である(1)
「知っていそうで知らなかった」というモノを導入に使うことで、「身近な地域の学習」に対する意欲が喚起される。北海道別海町に伊能忠敬がやってきた。その現場の写真から、授業を開始した。
染谷幸二
2320451
「継続は力なり」を生徒に伝えるための語り
語っても語っても、語り尽くせないことがある。その1つが「継続は力なり」である。何度も何度も語り伝えたい言葉である。
染谷幸二
1145104
評定「1」の生徒に学力を保障する取り組み ~私が授業で心がけていること50選~
評定「2」の生徒を「3」にあげることが、学級集団の学力をあげるためには絶対に必要である。これができれば、「1」の生徒も「2」にあがることになる。
染谷幸二
2320021
長い学活を、中学校から追放しよう
中学校にこそ、長い短学活は必要ありません。それが法則化教師の常識です。
染谷幸二
2320493
合唱コンクールまであと3日! 朝練習をやる気につなげる語り
朝練習は要注意である。全員が気持ちよくステージに立つためには、「朝はそれぞれに事情がある」ことを担任が語る必要がある。
染谷幸二
2320560
部活動で高い目標を目指すことの価値を伝える語り
自らが立てた目標を達成しようと努力する姿は見ていて快いものである。中学校を卒業し、より高いレベルで技量を伸ばそうとしている先輩がいる。そういった前向きな姿勢を高く評価したい。
染谷幸二
2320022
筆入れを隠されたときの指導
中学生の指導に『直球」は禁物です。『変化球」こそ、生徒の心に響くのです。
染谷幸二
1145130
世界地理・復習問題集1 『中国・韓国のまとめ』
単元のまとめや定期テスト前の復習、高校入試対策にお使いください。
染谷幸二
2400042
「向山式」合唱指導のポイント
「向山式合唱指導」は中学生にも効果的である。そのポイントは何か。「跳び箱の指導」や「卒業式のよびかけの指導」「阿波踊りの指導」と同じ「個別評定」である。そのノウハウを紹介する。
井上好文
2320550
3学期スタート 学習に対する集中力を高めるための語り
最初の授業から、集中力を高めたい。そのためには、2学期に出した課題をどれくらい生徒がやっているかをチエックすることである。
染谷幸二
2320615
保護者との信頼の絆を深める語り(1)
冬休み中は、『冬休みの生活』という小冊子に日記と学習の記録を記すことになっている。その最後のページには、保護者が休み中の様子を記入するページがある。
染谷幸二
2320516
中学校3年生「黄金の3日間」に伝えること(2) ~「初心」を再確認させる語り1~
希望を持って迎える中学3年生に始業式。その新鮮な気持ちを卒業まで持続させたいと思う。その願いを学級通信に綴った。
染谷幸二
1118080
簡単にできる、あかねこ漢字スキル風漢字指導法
中学校でできるあかねこ漢字スキル風漢字指導法です。中1、2クラスの1学期の平均点は92点でした。(TOSS群馬ML推薦) No.1118080 http://www3.ocn.ne.jp/~chigiran/kanzi.html
千明浩己
2320545
体育祭の活躍を学級に伝える語り(1)
9月、生徒が燃える体育祭が行われた。勤務校では、学年縦割りで団を組んで優勝を競う。誰もが笑顔で過ごした1日になった。そんな様子を学級全体に伝えるための語りである。
染谷幸二
1145140
中学生の調べ学習のキーワードは、「社会とのつながり」である
「どうせ、入試には関係ない」と居直る中学生に、調べ学習の楽しさを味わわせたい。以下、『企業の秘密を追究する』という調べ学習について紹介する。
染谷幸二
2320666
《向山流家庭訪問必勝法 ~信頼の絆を深める一枚の写真~
家庭訪問は、教師と保護者との信頼関係を築く“絶好のチャンス”である。私は、向山洋一先生に教えていただいた「小さな頃の写真を用意してもらう」という方法を追試している。
染谷幸二
2320453
2年生に三者面談の意義を伝える語り
2年生だから、伝えたい語りがある。3年生がどんな気持ちで勉強し、どんな努力で「将来の夢」を勝ち取っていったのか? 1年後の準備が、もう始まっているのである。
染谷幸二
2320467
体育祭練習 「素直であること」が大切であることを伝える語り
生徒は結果だけに目が奪われがちである。学級担任は《広い目》で学級の成長につながるものを見つけ、生徒に伝えていきたい。その1つが、素直さである。
染谷幸二
1145089
基礎学力をつける中学社会科授業(1) ~授業開始時に取り組む「復習小テスト」の実施~
基礎学力の定着に効果があった3つの方法のうち、「復習小テスト」について紹介する。
染谷幸二
2320449
生徒の作文から「伸びるための3条件」を伝える語り
伸びる生徒には共通点がある。だからこそ、伸びる条件を生徒に伝え、そこを目標に生活してほしいと願う。100回の説教よりも、1回の語りの方が生徒の心に伝わると思っている。
染谷幸二
2320402
部活動の本当の目的を伝える語り
サッカー日本代表の森島選手と難病をかかえた少年との交流を授業であつかった。その感想を紹介しながらの語りである。
染谷幸二
1145145
国立印刷局のHPを活用した公民授業
高校入試には、時事問題が出題される。2005年入試では《新札発行》をおさえたい。調べ学習が早めに終わったので、余った25分間を使ってインターネットを利用した授業を行った。
染谷幸二
2320610
『お互いを認め合うこと』の大切さを伝える語り
学級日誌は学級通信のネタの宝庫である。夏休みを控えたある日、学級通信の記述を参考に学級の様子を「描写」した。「描写」の語りは、保護者からも生徒からも大好評である。
染谷幸二
2320520
家庭訪問を価値ある時間にするための語り
家庭訪問を有意義なものにしたい。そのためには、事前に家庭に「目的」を伝えておくことである。それだけで、保護者との会話は弾むことになる。
染谷幸二
1145128
折れ線グラフでは《変化》を読み取らせる
グラフの読み取りにはポイントがある。向山実践のノウ・ハウを参考に、日頃の授業で実践しているポイントを紹介する。
染谷幸二
2320517
中学校3年生「黄金の3日間」に伝えること(3) ~「初心」を再確認させる語り2~
希望を持って迎える中学3年生の4月。その新鮮な気持ちを卒業まで持続させたいと思う。そのためには、「先輩」として活躍する様子を学級全体に伝えることである。
染谷幸二
2320456
2学期初日 2学期の目標を確認する語り
4月の新学期が「黄金の3日間」ならば、2学期は「シルバーの1日間」である。気持ちよいスタートを切って5か月間を乗り切るためには、もう1度、それぞれの目標を確認することである。
染谷幸二
2320527
『勉強と部活動の両立』を求めるための語り
中学生として大切なことは「勉強」である。その前提なくして「部活動」は存在しない。提出物や作品が締め切りを過ぎて提出されない生徒は、部活動に参加させない方針を貫いている。
染谷幸二
1145127
グラフの基礎基本である《円グラフ》を授業する
グラフの読み取りにはポイントがある。向山実践のノウ・ハウを参考に、日頃の授業で実践しているポイントを紹介する。
染谷幸二
2320613
家庭訪問の前に、その目的を伝える語り
家庭訪問が苦手な若い教師が増えているという。そんな人には、生徒の作文を持参することをオススメする。訪問してすぐに、保護者に作文を読んでもらう。それだけで、会話が弾むことになる。
染谷幸二
2320606
15歳の春 入試に臨む生徒への語り
「入試」というと、「苦しい」「厳しい」というイメージが先行する。しかし、その先には「明るい未来」「新しい出逢い」が待ち構えている。私がイメージする「進学指導」の原点である
染谷幸二
2320463
夢がある人は輝いていることを伝える語り
《夢を語り合える学級をつくろう》が、染谷学級の目標である。目標の実現には、生徒全員が「夢」を描けなければならない。夢を持つことのすばらしさと、夢を実現することの尊さを伝えたい。
染谷幸二
1145141
地名確認に有効な指示は「全員起立」である
楽しく、しかも、確実に地名を確認させたい。私は「全員起立」というシステムを使っている。ゲーム感覚で行えるため、中学生にも大好評である。
染谷幸二
1145086
フラッシュ版 中学社会科復習三択問題集 公民政治編
入試前や定期テスト前の復習に最適です。政治の重要語句を単元別に出題しています。
染谷幸二
1145079
フラッシュ版 中学社会科復習三択問題集 歴史・人名編
入試前や定期テスト前の復習に最適です。歴史の重要人名問題を50問用意しています。
染谷幸二
2320462
マラソン大会終了 「目標を持った人は強い」ことを伝える語り
意欲を持ってマラソン大会に参加する生徒を育てたいと思う「疲れるから嫌い」という声を、「自己ベストに挑戦したい」という声に変えたい。そんな願いを伝える語りである。
染谷幸二
2320519
学級通信に多くの名前を出すための語り
新学期がスタートして10日。生き生きと学級で過ごす様子を保護者に伝えたい。そのためには、生徒の活躍を観察し、それを具体的に綴ることである。
染谷幸二
New TOSSランド